データの未来 – 分断やサイロなし

MarkLogic World 2016



Title:The Future of Data – It’s Not Silos


講演者: MarkLogic Corporation 上級副社長、製品担当 ジョー・パスクワ
Presenter: Joe Pasqua, Executive Vice President, Products, MarkLogic

データの分断はなぜ、発生するのでしょうか?どのように拡がってしまうのでしょうか?なぜこの問題が一般的によく発生し、かつ有害なのでしょうか?どのようなコストがかかってしまうのでしょうか?その影響が今後生じないようにするにはどうすればよいのでしょうか?このような疑問をその問題の根幹からみつめ、どのようにMarkLgoicがデータを分断されたサイロから、今日そして将来のために統合するかを解説します。さらに、あらゆる企業や組織でデータから最大の価値を生み出すことができるように、データの統合を例外ではなく当たり前のものとしていくという弊社のビジョンの一部であるMarkLogic 9の新しい機能についてもご案内します。

*MarkLogic 9 is currently under development. The features and how they are implemented are subject to change.

Where do silos come from? How did they evolve? What do they cost your business? Why are they so common given that they are so detrimental? How can we make them a thing of the past? We'll get to the bottom of these questions and take a look at how MarkLogic brings together data from silos—now and into the future. We'll also take a look at exciting new capabilities in MarkLogic 9 that are part of our vision to make integrated data the norm, not the exception, so that your organization can get the most from all of your data.